牡蠣は食べると食中毒になりやすいイメージは少なからずあると思います。
その理由はなんなのか?を実際に完璧にはわからない人も多いと思います。それをちょっと農林水産省に書かれているページを参考に載せてみました。

牡蠣の食中毒はノロウイルスが原因

牡蠣を食べると食中毒やお腹を下すこともあり、イメージとしては同じ2枚貝のアサリやシジミより”イヤなイメージ”があると思います。
その理由は”加熱処理”にあります。
実際カキは「生食で食べれるもの」というイメージが強いと思いますが、本来は加熱処理として捉えるのが一番良いです。
アサリやシジミは逆に加熱処理をしなければいけないものですね。
なので、これが影響で”牡蠣の方が危ない”というイメージが強いですが、本来は鮮度からすれば、アサリやシジミよりもよっぽど安全。
ようするにはしっかり加熱処理して食べるか食べないかの違いだとも言えます。下記に農林水産省の注意書きとして書かれています。
カキなどの二枚貝を生や十分加熱しないで食べた場合や、ウイルスに汚染(おせん)された水道水や井戸水などを飲んで感染することもあります。
十分に加熱されていないカキ、アサリ、シジミ
熱に弱いので、85度以上で1分間以上加熱。食中毒にかかった人の便や、はいたものから感染することもあるので、さわったら石けんでよく手を洗います。
食後1~2日ではきけ、ひどいげり、腹痛などの症状がでます。
このように「2枚貝に分類されるものはしっかりと85℃以上で1分間加熱処理をしてから食べる」ということを原則として食べれば非常に安全です。ですので、牡蠣はこの点を注意いたしましょう。

牡蠣の栄養価をしっかり摂りいれたい

このように牡蠣は基本安全です。ただ生食で食べたほうが美味しいので、そのような人は食中毒を起こす危険性があります。厳密に言うと、牡蠣も新鮮であっても生食で食べれるものと食べれないものもあるので、基本加熱向きです。
しかし、栄養価も生と加熱では落ちるのも事実。
その場合牡蠣の栄養価をしっかり摂りいれたい場合は、牡蠣侍が重要。かなり値段もリーズナブルです。