牡蠣と聞くとまず思うのが一般的には

栄養価が非常に豊富
好き嫌いが激しい
生で食べると食感が非常に美味
食中毒
など人によってイメージは色々あると思います。

 

ただ牡蠣という食品はサプリメントとしても扱われ、栄養価としては非常に強い可能性を秘めているものであり身体に摂取する食べ物としては非常に大事だと考えられています。

特に30歳を超えて身体の変化が訪れ、栄養が偏ったり、病気、体調が変化する時期に伴い摂取した方が多い栄養成分も多く含まれています。
今回はその牡蠣の栄養価をちょっと書き出してみました。

 

牡蠣に含まれている栄養価

牡蠣に含まれている代表的な栄養価を少し書き出してみました。
すると下記のようになります。

グリコーゲン
鉄や銅、ビタミンB12などのミネラル
亜鉛・タウリン
カルシウム、マグネシウム

これらが豊富に含まれているのが特徴的な食べ物です。

これらの栄養成分は生きていく上でとても重要な栄養価としても有名ですし一度どんな効果があるのかも見直して置いてみてください。

 

グリコーゲン

エネルギー源的な成分。

身体の原動力的な役割を持っていて特に30代中盤くらいから「パワーや元気が落ちてきたな…」と感じてきている人に必要な成分だと言えます。

肝臓や骨などに蓄えられていて、疲れやすい身体になったなと感じる人には特に大事な成分と言えます。他に効果の特徴としては血糖値の調整。これが該当すると言われています。

血糖値も年齢が増えていく上で増えすぎると糖尿病や合併症にも繋がる部分なので病気や日々の生活にも必要な栄養成分だと言えます。
効果、効能としては
コレステロールを下げる役割
血糖値を下げる役割」などがあるとされている成分ですね。

また肥満気味で中性脂肪がお腹に溜まっている人にも身体改善成分として人気が高くあります。

お酒や甘いものを食べて脂肪が溜まりやすい人は必要な成分だと言われています。

 

ミネラル

ミネラル成分は大きな特徴として身体で生成することができないと言われています。
ですので、食べることで成分を摂りいれる必要がある貴重な成分です。
そしてミネラルとは枠組みも多く、広く身体を生成する役割を持っているものとして有名です。

ちなみにこれは広い意味の成分で下記に書かれている亜鉛やカルシウムも該当します。

そして、女性にとっては重要な美容にも重要な働きを示していると言われています。

お肌のハリや弾力、髪のツヤやハリにも該当していくので摂取しておかないと”老化原因”にも直結してくるものだと言えます。

 

亜鉛

亜鉛が牡蠣の中でも最も特徴的な栄養成分としても有名です。

100g辺りに含まれている亜鉛量としては色んな物と比較してもトップとして君臨されています。

新陳代謝を正常に促す成分として有名ですが、一番はなんといっても生殖機能を正常保つ役割として有名です。

そういった性欲に重要な成分でもありますが、性欲というのは”行動力”にも関連したり生きる生命力にも関連している成分と言えます。

ですのでこれを正しく摂取することは日々の活力にも影響してくるのでとても大事な栄養素だと言えます。

 

タウリン

タウリンは栄養剤や滋養強壮のドリンクなどにも多く含まれている身体に必須な成分ですね。

効果としては「疲労回復」が一番有名ですね。

しかし、それ以外にも精神不安定な人にも有効的で「不眠」「うつ」のような症状を持ち合わせている人にも必要な成分だと言われています

なのでストレスの多い現代人にとっては必要な成分だと言えます。

アミノ酸に該当しますが、この成分は男性よりも女性の方が少ない傾向にあるとも言われています。

生きていく上では非常に重要な栄養成分なので、足りない人は積極的に摂取した方が良い成分の一つだと言えます。

 

カルシウム、マグネシウム

この成分は身体全体の骨に影響する成分ですね。

頭、手、足、歯など様々な骨格に影響してくる、形成成分として有名なものですね。

ですので、身体には当然必要な成分です。

齢を重ねていくとドンドン骨も脆くなって「ポキッ」と折れてしまったり、ヒビが入りやすくなる人もいらっしゃいます。

牡蠣だけに捉われず、乳製品なども積極的に摂取していくことが大切ですね。

ただ、牡蠣はこのカルシウム、マグネシウムも多く含んでいる成分として有名です。

骨に不安な人やすぐに捻挫や骨にヒビが入りやすい人は必要な成分です。

 

牡蠣成分の摂取の仕方

上記のように牡蠣は非常に多くの可能性を秘めた食物です。

なので、本来は季節に関係なく1週間に1度くらいのペースで食卓に牡蠣料理を並べて食した方が良い物です。

ですが、基本的には中々食卓で牡蠣フライや牡蠣の煮物や炊込みなどは出てこないと思います。

また生ガキで食べる場合なども季節商品なので、2~3ヶ月でシーズンも終わってしまいます。

ですが、牡蠣侍のようなサプリメントであれば摂取はしやすいと思います。

 

サプリメントの場合は弱点としては「食べた実感が感じられない」という欠点もあります。

ただサプリメントはその分「成分を集約して摂取できる」というメリットも同時にあります。

 

牡蠣サプリも数多くありますが、牡蠣侍はその中でも含まれている牡蠣の個数、栄養価もトップクラスですし私が調べた中だとNO1です。

しかもまだ売り始めという事で非常に安価に購入が出来るメリットがあります。

牡蠣侍の口コミや販売店に関しては本サイトにも詳しく記載してありますので興味のある人は、ご覧ください。